お疲れさん

昨日は気温25度近くまで上がり汗ばむほどだった。
両親の状態が良いので一緒に念願の花見に出かけてきた。
花はもちろんチューリップ。チューリップはもう最盛期から終わりに近づいてきているので、行くなら急がなければならない。・・と思ったが、まだ結構たくさん咲いていて観光客もかなり多かった。

父はこのチューリップ畑は何度も来ているらしい。でも、その当時より数を増やしているのだろう、こんなに多くのチューリップは初めてだと、久しぶりに見て驚いていた。毎年この季節だけのために改良を重ね、さらに規模を拡大してきたと思われる。今ではオホーツク、いや全国でも有数のチューリップ公園と言えよう。

母はもう言葉を忘れてしまったのか、終始無言ではあったが精一杯にこやかにしてくれていた。特に、写真撮るために二人の車いすを引っ付けて手を握らせるとホントにうれしそうだった。それは、私にはとても思いつかないことで、妻の粋な計らいだった。まさに天才的な思い付きと言えば大げさだろうか?

実家に戻って今度はご飯。妻は何もないといいながら結構多くの品数を用意してくれていた。糖尿病の母は食事が最も神経を使う事で、それを考えると作るのも大変なのだ。母の前にごちそうを並べてふと席を立った隙に母はもう手を出して食べてしまった。食前に必ず薬を飲ませなければだならないにもかかわらず・・・。よほどお腹が空いていたのだろう。しかしこれがあるから実家には住めないのだ。糖尿病は食前に薬を飲ませることが最大の課題で、そしてこれが一番難しい。その点施設は管理が徹底している。施設にお願いするしかないのだというと言い訳だろうか?

すぐ近くの施設へ父を送り、遠いほうの施設へ母を送り届け、いつものように「じゃあ、帰るね。また来るね」と手を握ると母は再び満面の笑みを浮かべ手を振ってくれた。

すでに暗くなった帰り道、妻が一言・・「疲れた~」
車中、その時かかっていた曲は懐かしいライオネルリッチーだった。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック