思い出

ブログの先輩、gonさんとやり取りしていると、以前、奄美でお会いしたおじいちゃんのことが突然思い出されました。あれはもう何年前だろうか?ki-と一週間ほど滞在した時のことでした。

確か90歳前後になるというおじいちゃんは、一軒家に一人で生活されていました。戦争で肩を撃ち抜かれ、耳が聞こえないので喋ることもできないという方でした。それでも、お会いするといつも満面の笑みで接してくれました。身振り手振りで、大きな目でお話しをする方でした。それが不思議と話が通じるのです。こちらも大きな声で身振り手振りを交えてお話しすると、おじいちゃんには聞こえていないのですが、最後は双方で頷き、納得して会話を終えたものでした。今から思うと実に貴重な体験でした。

そのおじいちゃんは最近亡くなったと聞きましたが、世の中にはすごいとしか言いようのない方々がおられると思ったものです。奄美のひっそりとした村の片隅で、たった一人、耳は聞こえず喋ることもできず、90年も生きてこられた。それでいていつもにこやか、畑で自給自足をしてこられたという。たったそれだけの出会いでその方の人となりを知ったことにはならないのですが、今でも鮮明に思い出されます。

人との出会い、不思議で貴重な体験、ありがたいことです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック