父亡きその後

「死」は悲しみではなく苦しみである、ということを今回改めて知ることとなった。

それは亡くなった父のことであり、残された私たちのことでもある。

父が亡くなったその日の夜は涙したものの、それ以降涙というよりは息苦しさだけを感じている。

多分、父が亡くなる直前はとにかく苦しそうだったからである。

あんなふうに苦しみたくないと思うと自然と「南無阿弥陀仏」と唱えたくなる。

人の話では見た目ほど苦しいわけではないとも言われるが、いずれにせよ

私の唱える念仏は所詮父を思ってというよりは自己救済のためかもしれない。

画像
(5月に入って咲いたチューリップと芝桜)
画像
(プリムラジュリアン)
画像
(水仙)
画像
(路上のクロッカス)



一方、父が亡くなったその日に、病院に入院したは母は一カ月弱で退院したものの、

一週間もしないうちに再入院となってしまった。

父の時と違って、今回のDrは何度も治療方針について丁寧に説明してくれる。

話しは看取りの方法まで及んだ。

母の自宅での看取り方法も相談してみたが、諸般の事情から施設での見取りを勧めていただいた。

しかし、自宅どころか施設に戻れる確率さえ高くはないかもしれない。


私たち夫婦は、用事のある日以外ほぼ毎日食事介助をしに病院に通っている。

母は、声や表情に乏しいがご飯だけは完食してくれるのである。

もちろん薬を飲ませたり、すぐ眠りそうになる母を起こしながらの食事介助は決して楽ではない。

私はすぐ諦めようとするが、妻は決して手を抜かない。

そういえば東京の病院務め時代から彼女は決して手を抜かないことで評判だった。

彼女の献身的な態度には本当に頭が下がる。


救いは母がそんなに苦しそうではないことだ。

その内心は知る由もないが、たまあに「えっ?」と声が出たり、

ニコッとしてくれたりするだけで本当にうれしいものである。

まるで赤ちゃんをあやすような感じである。


再入院の後は正直完食とはいかないものの、少しずつ食べる量は増えてきている。

だが、どうなんだろう?

母の表情に一喜一憂する毎日である。

画像
(最近読み始めている、私には少し難しい一冊)
















"父亡きその後" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント