去年の今頃

5月の連休も終わり、また普段の生活に戻ったはよいが、なぜか虫歯になってしまった。
両親を放ったらかして遊びに行った罰が当たったのかもしれない。悪いことをしたわけではないが、どこか後ろめたさは残る。

今日は気温10度を下回りうすら寒い。上湧別のチュウリップ畑は見ごろを迎えているという。
以前は花などあまり気にかけたことはなかったが、今年はなぜか無性に気になる。
今年こそ見に行きたいものだ。・・・と思っている。

そう・・去年の今頃も行って見たかったけれど、いろんなことがあって叶わなかった。
両親の状態が日一日と悪くなってきて、毎日ににそんな余裕はなかったと思う。

父は半身不随だが頭は明晰なのでよく動き回った。そしてよく転んだ。
母はうまく食前の薬を飲ませられなかったためか?糖尿病と認知症が進み、次第に目は宙を舞うようになってきていた。そして何より二人はよくけんかをするようになった。

それまで父は母を不自由な自分の体の手足として、多くの用を足してきた。それができなくなったため母を大きな声で罵倒することが多くなった。母は母で何を言っているのか理解できず、泣いて抗議をする。そして最後には母は手を挙げ父をたたいたりした。父もやり返そうとしてボックスティッシュを投げつけたりもした。

私たち子どもはただ穏やかに過ごしたいだけなのに、そんな両親の修羅場を目の当たりにせざるを得なかった。
私は理性を失っている父に対し「お母さんは病気でできないんだからそんなに責めないでよ!」「なんで穏やかにできないんだ・・・」と今度は私が父を叱りつける。普段温厚なはずの父はただ息子に叱られて俯く。

これが介護というものか?と思い始めたころだった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック