腹の探り合い

二日ぶりに父の所へ行くと、開口一番「オイオイ、どうしたんだ、何日も来ないで」・・・
ほぼ毎日行くところ、今回たまたま1日空いただけの訪問なのだが、随分と来なかったような言い方をする。
そして、「ごめんごめん、チトいろいろあってね」とお茶を濁すと、「オーそうか」とすぐ納得はしてくれるものの、
神妙な顔をして、「ところで俺は何でここ(施設)に居なければならないんだ?」・・・
またか・・と内心ドキリとするようなことを聞いてくる。
スタッフさんも横で苦笑いするばかりだ。

私も時々父がなぜ特養であるこの施設に居なければならないのか、はっきりわからなくなるのだから困ったものなのだ。
父は若干認知症の気が入ってきているとはいえ、頭ははっきりしているし健康状態も悪くない。ただ脳梗塞を患って以来、歩行が困難なだけだ。車いす又は押し車の歩行器で暮らすことは不可能とは言えないからだ。

父が実家で何度も何度も転んで頭を打ち、硬膜下血腫という病名で手術を受け、病院を転々としたあげくこの施設にお世話になっているはずだが、その後の回復ぶりをみると、もういいんじゃない?・・とも思えるのだ。

どうしたものか・・・。母のこともあるし・・・。

私が、「お父さんが転ぶことの無いように、平穏に暮らしてもらえるように、この施設にお願いしているんだよ」と必死の形相で反論すると、「・・・そうか、じゃあ俺は誰かを世話するためにここにいるわけではないんだな」・・・と今度は半分寝ぼけたようなことを言う。
何を考えているのか?このおっさんは…と思いつつ、「そうだよ!」としか言いようがない。

その後父は「そうか、俺はべつに誰かを世話するためにここにいるわけではないのか…」と何度もつぶやきながら頭を垂れた。

「どないせい?と言うねん!」・・と思ったが、もうこれ以上私を困らせまいとする親父の優しさなのか?それとも本気で言っているのか?不明なまま施設を後にした。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック