狂歩と、ある事情・・・とは

毎日狂ったように歩いています。

おかげさまで狂ったように歩けるのです。

5年前股関節入替、2年前脊柱管狭窄症の手術を受けた、同じ人間とは思えぬくらい闊歩しています。

今年の9月、体脂肪率200の検査結果を受け、狂歩のスイッチは入ったのでした。

首に手ぬぐい巻いて、雨や雪の日は帽子をかぶり、寒い日などメガネからツララを下げながら

(汗がツララになるのです)雪国の散歩はそんなものです。

一緒に歩いてくれる我がki-ちゃんは、私より身長がないくせに歩くスピードは速いです。

もっとも、時々会う、見るからに私より年配のおばあちゃんに抜かされて愕然とすることもあるので、

私のスピードがのろいのでしょう。🐢


しかし、毎日平均して6000歩歩いている割には体重は減りません。

汗びっしょりになって、シャツを取り換え、

発泡酒飲んで、焼き鳥食ってりゃ減るわけないか

それにしても、最近の発泡酒をはじめとした第三のビールというのでしょうか、

これがまた美味いですね~。やめられませんね~。それが楽しみで歩いているようなものですから。

画像



ところで、両親のいる施設通いは週1回にしました。

週に2回行っていたのですが、ある事情で1回にしました。

その事情とは・・・、


父のいるユニットで、先日おばあちゃんが亡くなりました。

つい2~3日前までお元気だったのに。

私が最後に会ったのはその亡くなる2~3日前のこと。

他の利用者さんであるおばあちゃんとけんかしていたのです。

その相手のおばあちゃんは認知症のせいか、時として凶暴でした。

「このクソババー!」・・・と言っているように聞こえました。

それに対し亡くなったおばあちゃんは相手のおばあちゃんに対し、

「自分とこにお客さんが来ないから嫉妬しているんだわ」と言ったように私には聞こえたのです。

お客さんとは私のことです。


私は多分、ほかのどの利用者さんより父に対して訪問していると思います。

私がいる時、ほかのお客さんはいつもいないし、父も私が一番来てくれると言っていたからです。


その時私は思いました。

施設に入って寂しい思いをしている利用者さんにとって、他の人ばかりにお客さんが来て、

自分のところに来ないとより寂しい思いをするのではないかと。

それが原因でけんかになり、あげく気分を害して亡くなったとしたら・・・?


これは多分思い過ごしだと思います。

でもそう感じたので、あまり他の利用者さんに刺激を与えないように

遠慮や配慮も必要かと・・・考えました。


このことは同時に私にとって都合のいいことでもありました。

訪問する回数が減るということは、私にとって楽なことですから。


それはともかく、そんなこともあったものですから

週2回の訪問を週1回にしました。


訪問回数を減らしたことについて、父は何も言いません。

父のいるこのユニットでは、数か月間で4人の方が高齢のため亡くなり、

一人、そしてまた一人と、いなくなっていることにうすうす気づいてはいるのですが、

誰も何も言いませんし聞きもしません。

次は誰だ?と内心思っているのではないでしょうか。

次は誰であろうと私も含めみんな平等にその日は来るのですから。

あわてることはありません。

画像
シクラメン
画像
サボテン



















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

  • miki

    マンさん優しいんですね!!
    そこまで考えて訪問している人は多分いないと思いますよ~
    人の気持ちの解る方で、それとなく実行に移せる素晴らしい人間性~
    素敵です!!
    大きな手術を受け狂歩に励んでおられる姿も実行力の現れ~~私に少しでいいから分けて欲しいィ!
    年々歳々思う事の半分も出来ていない様な有様に我ながらホトホト困っております~~
    12月も早や3日焦りは日に日に強く~でも仕方ないかぁ~なんて~慰めてくれるもう一人の私~
    ひとり住まいは一人何役もこなさないと~~
    ガンバレー自分にハッパをかけ乍ら~~

    インフルエンザが流行です
    くれぐれもお気をうつけて下さいね
    お父様を大切に~!!
    2017年12月03日 14:46
  • 慈園

    凄く頑張って、歩いておられますね。
    その後に飲むお酒が美味しいからですね。
    頑張れる。美味しいと感じられる。有り難い
    事ですね。
    いのちは自分の思い通りになりませんね。
    全て仏さまの思し召し。
    今日を、今を、大切に暮らして下さい。
    応援しています。
    2017年12月03日 17:56
  • ひまわり

    マンさん こんにちわ(^^♪
    お父様への訪問で感じた事があります
    あくまで私の感じたことです(十人十色)

    私も息子が小学生の頃、または夫が何か月も入院したことがありますから、施設の状況はよく解ります

    他の利用者さんへの配慮は、勿論必要と思います
    今まで2回の訪問が1回になって、他の利用者さんはホッと心が休まったのでしょうか?
    いいえ、そうは思いません!
    マンさんのお父様が、寂しい悲しい思いをされただけの事です
    お父様は男性ですから女性のように思うままにおっしゃらないし、我儘もおっしゃらないと思いますが
    どれ程マンさんの訪問を心待ちになさっていた事か‥‥

    毎日でも来て欲しいと思ってはります、きっと‥‥
    それが1回に減って、どれ程寂しい思いをされてることか‥‥
    訪問された日は、ウオーキング1回と数えて下さい
    お父様の一番の楽しみはマンさんが来てくれはる事だと私は思います
    差し出がましいことを言うてしましました
    失礼の段、お許しください
    お父様にもマンさんにとっても、今日一日が平和で過ごせますように
    2017年12月03日 18:18
  • まん

    ご意見、励ましの言葉、ありがとうございます。
    私は時々こうやって自虐のメロディーに酔ってしまうことがあります。根っからの甘え症かもしれません。
    ですから両親も私を置いて安心していけないのでしょう。自宅で介護されている方々に比べれば甘っちょろい話ですね。
    施設訪問を回数で云々ではなく、おっしゃられる通り中身が大事ですね。心したいと思います。
    2017年12月04日 12:16

この記事へのトラックバック