複雑な思い

父母が半世紀にわたって過ごした西町の実家とお別れした。
正直売れるとは思っていなかったので、驚きながらも、ある意味ホッとした。
私は16~17歳の頃、その新築家屋に引っ越した記憶がある。
その後高校を卒業し、大半を内地で過ごしてきたから、たまに帰省して寝泊まりはしたものの、生活をした期間はそんなに長くはなかった。
それでもいざ他人の手に渡るとなるとやはり寂しいものだ。
売れたと聞かされた時、”えっ!ちょっと待ってよ!”と言いたくもなる。(実際は不動産屋さんが引き取ってくれたのかな~?)
いずれにせよ、昨年売りに出す時、私たち夫婦で思いっきり掃除して磨いたものだが、そのせいか?多分そうではなく不動産屋さんの力によるものと思うが、磨いた甲斐はあったわけだ。

来週は父の三回忌。5か月後は母の三回忌だ。
時を同じくして家も行き先が決まったのだから、一つの節目になるのかもしれない。
どんな人がどんな形で住んでくれるか?まだわからないが、父母が人生の半分を過ごした家で、再びどなたかの幸せを生んでくれればむしろ喜ぶべきだろう。所有者は誰であれ使われてなんぼだからだ。いい人に長く使ってもらえることを願ってやまない。

今日も散歩、ウオーキングだ。
体重を減らして、薬を毎回出す主治医をぎゃふんと言わせなければならない。

いつも人気を避けて誰とも会わないルートのはずだが、今日はなぜか何人もの人とすれ違う。
”こんにちわ~”工場帰りの若者たちだろうか?みんな挨拶してくれる。
キツネ君まで発見。ジッとこっちを見ていた。
20210322163607_p.jpg
見えるかな~?見えねえだろうな~
真ん中に小さくいるよ!(中央木の根元)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント