2017総括と題し

画像
               (大通の夕陽)

今年もあと僅かとなりました。

この1年間、総括したいところですが、これといった活動はできませんでした。

二年前は「健康生きがいづくり」を題材に仲間づくりに励もうとしましたが、

すぐに同調者が得られるわけもなく休業状態。

その後、町の教育委員会の社会教育委員に応募し会議に出席させてもらいましたが、

どうやら形だけのものだったらしく、あまり発言する機会はありませんでした。

これも中途半端に終わっています。


一方、シルバー人材センターからあり難いお声がかかり理事にして頂きましたが、

2件の懇親会に参加しただけで、とてもそれなりの職を全うしたとは言えません。

何をしたらいいのかよくわからないのです。


シルバー人材からいただいている駐車場管理の仕事は、

あまりお客さんもなく、大半をテレビや本と共に過ごしています。

冬場はたまに大雪が降るので雪かきは大変です。

汗だくになって、ぜ~ぜ~あえぎながらせめてもの償いでもするかのように、

そういうときもありますけれど、・・・その程度です。

果たして、このままでいいのか?

画像
               (雪山)


かつて、「健康生きがいづくりアドバイザー」の資格取得用のテキストによると、

今、私が励行している妻との散歩は、「生きがい論」から言うと

一人称乃至二人称レベルでの満足です。

私や身近の人以外の第三者に影響を及ぼして初めて三人称での生きがいとなります。

目指すべきはその三人称レベルの生きがいであると教わりました。

仕事を与えられて満足しているのも自分だけのことですから一人称にすぎません。

シルバー人材センターの役員なら自分が仕事を得て満足していては不十分であり、

第三者に役立ってこそ職責を全うしているといえるのではないでしょうか?


何を偉そうに・・・と言われるかもしれませんが、

人間には欲があります。


正直、若い頃、バブル真っ盛りで、大した仕事もしていないのにボーナスをたくさんいただき

そっくりかえっていました。勘違いしていたのです。

50代初めで退職し、いろんな方々に助けられながら転職を経験しました。

いかにバブルの壇上で踊り狂っていたことか(バブリ~)。短い脚して恥ずかしくもなく・・・。

それはともかく

少しは人生に恩返しをしたいと思うのは人情としてお許し願いたい。


来年こそは団体のお役に立ち、できれば執行の仕事をしたい・・・と。

そう念じる今日この頃です。

画像
               (近くの大都市・北見市の一コマ)

北見市は焼肉で有名ですが、今回は胃腸と相談してお寿司にしました。

病院に行ったついででしたが、美味しかったです。















"2017総括と題し"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: