体験!

このくそ暑い中

アスパラ収穫体験と木工体験をしてきた。

1カ月も前から町の観光協会主催で公募していたので、

「やってみるべ!」と応募したのだった。

いい歳こいてワクワク、ドキドキ!

気温33度、天気晴朗なれど気温高し。

オホーツクにもこんな天気もあるのだ。

短めのタオル地ハンカチ2枚持って行ったが

もっと長めのタオル数本を持って来るべきだったと着く早々後悔。

まずはみんなでバスに乗って”某”アスパラ農場へ。楽しい遠足だあ!

画像


うっそうと生えているアスパラトンネルを、滑車のついた椅子をまたいで転がしながら

画像


20cm以上に伸びたアスパラだけを摘んでいく作業だ。

結構「しんどか~」

股関節入れ替えたおとっつあんには少々きついスタイルかも?

しかしその作業の後にはみずみずしいアスパラがいただける。


ちなみに、摘み取るアスパラは親アスパラの周りに何本か顔を出し

放っておくとどんどん伸びていくので、20cm以上「伸びた君」はなるべく見落とさないで摘んでいくのだそうな。

勉強になりました。

収穫されたアスパラは、数本を150g~160g程度に束ねてテーピングし出荷するのだとか。

作業体験はそこまでやらせてくれる。

画像


農家のご夫婦にアスパラ栽培の注意点や苦労話などお聞きして終了。



次は木工体験だ。

場所を変えて「チャチャワールド」へ。(全体の写真撮るの忘れた。

ひとしきり大きな館内を見学した後に、木工品を作ってみましょうという企画だ。

画像
(いろんなおもちゃが陳列されている)

私は当初DIYを期待していたのだけれど、主役はどうもお子ちゃまのようだ。

ぞうさん、りすさん、ミニカー等々の中から、おじちゃんも選びなさいというので、私はうさちゃんを選んだ。

一番簡単そうだったからだ。

今回の参加者の中で最も尊敬される年代の私たちの作品がこれだ。

画像


やすり掛けと車をつけただけの作業であった。

展示された同等品の値段は1000円とあった。・・・誰が買うのだろう?


最後、町の木楽館でアスパラ入りのあんかけ焼きそばをいただいて帰路についた。

たった半日のツアーであったが、久々に楽しい体験だった。

画像



















"体験!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント