父とお別れしました

三月二十八日午前七時五十一分 父が亡くなりました。

九十七歳を迎えて三カ月目でした。


私たちが故郷に帰って七年近くになりますが、亡くなってみるとあっけない感じがします。

最後はこれが死というものなのか、ということを嫌というほど感じさせられました。

熱発症してちょうど一カ月目です。

Dr.からは、今回は最初から覚悟するよう伝えられていました。

でもそんなことなんで分かるのだろう・・・と不思議でした。

ひょっとして超高齢だからあえて死へ誘導したのではないか?

そんなことすら考えましたが、人の最後ってこういうものなんですね。

よくわかりませんけど・・・納得せざるを得ませんでした。


母は今、父と入替に入院しました。

こちらは不整脈だそうです。

正直もう勘弁してくれと思いましたが、母は頑張ってくれています。

いつも口をもぐもぐさせているのでまだ大丈夫という人もいます。

食欲につながるからでしょうか?

でもそれだって分かる訳ないじゃありませんか?

お葬式はもういりません。

二度としたくないのです。

でもそういうわけにはいかないのでしょうねえ。

だってこちらも九十三歳ですから。

画像
いつも咲いてくれているゼラニウム ありがとう

今日、新元号が発表されます。

何という名称になるのでしょうか?

平成が終わるのですね。






"父とお別れしました" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント